河井克行の妻と子供について!評判と学歴と経歴も調べてみた!

シェアする

本日の人気記事
この記事の所要時間: 48

1bbade0a836d472854c962ac6d18bd1a_s

河井克行(かわいかつゆき)さんは、衆議院議員をされている政治家です。安倍首相の補佐官を務められています。

この河井さんが週刊文春でとりあげられて話題になりそうです。すでにニュースにもなっています。

河井さんは安倍政権でのキーとなる人物と言われていますが、実は表とは全く異なる裏での顔が注目されています。

今回は、河井さん自身だけでなく、結婚や子供にも焦点を当てます。また、気になる評判や学歴・経歴についても紹介します。

妻と子供は?

2ded003239b4c770c1b34f7e3df02475_s

河井克行さんの生年月日は1963年3月11日で、現在の年齢は52歳。

すでに結婚されています。妻は河井案里(あんり)さん。1973年(昭和48年)9月23日生まれで年齢42歳。広島県議会議員です。

宮崎県の延岡市で生まれました。

昭和52年、案里(あんり)さんが4歳の時に宮崎大学付属幼稚園に入園。この当時、本気で「パンダちゃん」になろうと決めていたそうです。

6歳(昭和54年)の時に宮崎大学付属小学校に入学。

12歳(昭和61年)の時に宮崎大学付属中学校に入学。

平成元年(15歳)に宮崎県立宮崎大宮高等学校に入学。高校3年間の内、2年間を生徒会役員として生活していました。

平成4年(18歳)に慶応義塾大学総合政策学部に入学。18年間過ごした宮崎の親元を離れ、6畳一間の下宿暮らしをはじめます。

大学卒業後に慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科の修士課程を修了。

(財)海洋科学技術センター(現・海洋研究開発機構)、地球フロンティア研究システム入社、科学技術振興事業団(現・科学技術振興機構)入社、広島文化短期大学の非常勤講師を経て、広島県議会議員になります。

趣味は演歌、シャンソン、加圧トレーニング、広島壮年走ろう会。

以上が妻の河井案里(あんり)さんの学歴と経歴などのプロフィールです。高学歴です。

また、美人の妻ってことでも有名です。管理人もそう思います。若いころの写真がホームページにたくさん掲載されていますが、すごくかわいいです。

学生時代などはかなり人気があったのではないかと思います。

河井克行さんには公式ホームページがあります。プロフィールをみると「家族」と書かれているところがあります。

そこには『[ 家 族 ] 妻・河井あんり』と書かれているだけです。子供はいないのかもしれません。

それか子供の情報を公にするのは危険とかなんとかいう理由で公表してない可能性もあります。

子供に関する情報がもしあったら追記しようと思います。

現段階の結論としては子供なしの可能性が高いということで終わらせてもらいますね。

【スポンサード リンク】

評判は?

0f504435b040b5ee2ccc5f12138bc6ed_s

河井克行さんの評判はよくないものが多いです。秘書や役人へのパワハラの凄さとか。

役人に怒鳴り散らしたりされるようです。秘書に関してはつぎつぎに辞めていくことでも有名だそうです。

今回、河井さんが注目され話題になっているのが、秘書への暴行だそうですが、それで刑事告訴されていることが明らかになりました。

地元ではかなり評判が悪いらしいです。いろんな黒い噂もあります。

しかし、現段階ではテレビニュースや雑誌などのメディアでの報道がすべて事実かどうかはわかりませんが、なんかあまりにも評判が悪いって印象です。

調べればしらべるほどいくつでも悪い評判に関する話がでてきます。

週刊文春の告発スクープとして記事がでてますが、これまでの評判などから、告訴されるだいぶ以前から目をつけられていたのではないかと思います。

【スポンサード リンク】

学歴と経歴について

11222

河井克行さんの学歴は奥さんの河井案里(あんり)さんと同じように高学歴です。高学歴夫婦というところでしょうか?

また、経歴もすごいです。

学歴は次のようになってます。

出身小学校:広島市立安小学校

出身中学校:広島学院中学校

出身高校:広島学院高等学校

出身大学:慶応義塾大学法学部政治学科

経歴についてですが、現在は内閣総理大臣補佐官です。

大学卒業後に財団法人松下政経塾に第六期生として入塾。

松下政経塾を卒業後に広島県議会議員になり、その後に衆議院議員になります。

いろんな役職を経て、内閣総理大臣補佐官になりました。

経歴があまりに多すぎるので、ひとつひとつをここでは紹介しません。それだけ、たくさんの経歴をお持ちということです。
週刊文春でスクープされた件について、今後の河井克行さんの動向はますます注目されるのは間違いないでしょうね。

テレビのニュースやワイドショーでもどんどん話題になるのではないかと思います。

【スポンサード リンク】

Translate »