加藤健一(山形バリアフリー観光)の出身高校と経歴は?妻と子供もリサーチ!

シェアする

本日の人気記事
この記事の所要時間: 646

車いす

こんにちは。

今日も朝からずっとテレビを見ている熊本市在住の管理人です。

3連休なんですが特に予定もなかったもんだから家に閉じこもっていました。(笑)

実は昨日もなんですけどね。

番組表をチェックしてて驚いたのがこれ↓

NNNドキュメント「空飛ぶ車いす 見たことありますか」という日テレの番組です。

タイトルだけ見た時にはSFとかアニメかなとも思ったんですが、ドキュメントですからね。

そんなことはありえません。

番組内容をじっくり読んで納得しました。

パラグライダー

難病の筋ジストロフィーを患っておられる加藤健一さんという方が車いすに乗ったままパラグライダーで空を飛んでるんです。

なるほど、確かに空飛ぶ車いすです。

今現在は山形県南陽市にお住まいです。年齡は36歳。

結婚されていて妻がいます。

なぜこんなことをするのか?

理由は「バリアフリー観光」を広めるためなんです。

目標を持っておられ活動されています。

その目標ってのは障害者であっても健常者と同じように観光を楽しめるようになることなんだそうです。

こんな目標を持つに至ったきっかけがあります。

それが街中で車いすに乗った人とどうしてすれ違わないのだろうということでした。

確かに言われてみれば管理人もそう思います。

街中

車いすに乗った人と普通に街中ですれ違うってあんまりないです。

車を運転していると、車いすのステッカーというかマークが車の後ろにあるのを見かけることがあります。

車いすの方って車での移動が多いのかもしれませんね。

そんなわけで今回は加藤健一(かとうけんいち)さんにフォーカスします。

出身高校や大学等の学歴、経歴、そして妻と子供をメインにまとめてみました。

その他に、結婚する前の交際を始めたときのことや筋ジストロフィーという難病とのかかわりとプロフィールも紹介します。

Gratitude(グラッティテュード) と山形バリアフリー観光ツアーセンターについても説明します。

【スポンサード リンク】

加藤健一の出身高校と大学

学歴

加藤健一さんの出身高校は山形県立長井工業高等学校です。

技能検定合格者数では全国で上位に入る学校です。

また、ロボット関係で有名なんだそうです。

どの学科を卒業されているのかはわかりませんでしたが、少年時代は自動車が大好きだったってことなので、おそらく機械科のご出身ではないかと思います。

高校卒業後に就職されているので大学には進学されていません。

というわけで、出身大学はありません。

以上、学歴でした。

経歴

経歴

すでに説明しましたが、加藤健一さんは子供の時に自動車が大好きでした。

自動車会社の社長になるという夢を持っていたので、高校卒業後は自動車整備と板金塗装業をおこなっている会社に就職されました。

ところが、夢をかなえるために仕事を頑張っておられたんですが、21歳の時に体に異変が現れてきます。

病院での診断は難病の筋ジストロフィーでした。

そのために、入院して長期の治療と療養をすることになります。

また、医師からは仕事に戻ることは困難であると宣告されてしまいます。

入院して半年くらい経った頃には筋ジストロフィーの症状が進行したことと薬による副作用のために歩行が困難な状態になってしまいました。

夢

加藤健一さんはこんな極めて大変な状況になってもどうしても自動車会社の社長になるという夢をあきらめて捨てることなど到底出来ませんでした。

普通はこんな状況になると大抵の人は夢なんかがあってもあきらめてしまうと思います。

潜在意識下に深く刻まれるほどの強い夢だったのでしょうね。

困難に立ち向かっていく不屈の精神をお持ちなんでしょう。

何事かを成し遂げる人というのはやっぱりすごいですね。

退院後は1年ほど一生懸命にリハビリをされ、なんとか歩行が可能な状態にまで回復されました。

30歳になってからは在宅勤務となり、32歳になると自力歩行が困難になり、ついに完全な車椅子生活を始めることとなりました。

23歳の時には医師に宣告されていたにもかかわらず奇跡的に仕事にようやく復帰することができました。

しかし、病気の進行により結局は退職することとなりました。

25歳の時に山形市内の三陽製作所に就職され厨房設備の設計業務を担当されました。

この後にさらに筋ジストロフィーは進行して、外出する時だけですが車いすを使うようになります。

33歳の時にはこれまでの自分の経験を社会に役立てられるようにGratitudeを結成します。

2014年のことでした。

感謝

ホームページにも書いてありますが「Gratitude」とは英語で「感謝」という意味です。

34歳の時には山形県内で初めてのパラグライダータンデムフライトに挑戦し成功します。

2016年3月になると車椅子によるパラグライダークロスカントリーフライトで飛行距離日本記録達成を目指し始めました。

そして、2016年4月に山形県内初の山形バリアフリー観光ツアーセンターを設立します。

このような経歴を経て、今現在はGratitude(グラッティテュード)の代表と山形バリアフリー観光ツアーセンターの代表理事を務められています。

【スポンサード リンク】

結婚と病気

結婚

加藤健一さんは結婚されていて妻がいます。

名前は智美さんといいます。

一般の方なので年齡などの詳細は不明です。

交際を開始したのは筋ジストロフィーであるとわかってから3年後だそうです。

交際を申し込む時に自分は将来歩けなくなるかもしれないことをきちんと伝えたそうです。

これって女性にはかなりきついものがあると思います。

生活などの経済的なことや子供のこととかを考えると受け入れるのは並大抵の覚悟では無理だと思います。

しかし、妻となった智美さんはこれを受け入れたんです。

そして、今年で結婚して10年になります。

夫の加藤健一さんもそうですが、智美さんも妻として実際いろいろな苦労などがあったと思います。

加藤健一さんは本当の意味でのバリアフリーを目指して活動されています。

今後もいろんな困難などが起こってくるとは思いますが、夫婦2人で協力して乗り越えていって欲しいですね。

そして、誰もが暮らしやすい社会を実現して欲しいと管理人は願っています。

妻と子供について

妻

妻が智美さんという方であることはすでに説明しました。

気になるのは子供さんのことです。

結論から先に言いますが、情報は全くなかったです。

息子さんか娘さん、または両方がいるかと思っていたんですが、やはり一般の方なので情報は非公表・非公開になるのは仕方ありませんね。

加藤健一さんがNNNドキュメント「空飛ぶ車いす 見たことありますか」で特集されますが、そこには妻の智美さんの名前は出ています。

このことから考えると子供はまだいないのかもしれませんね。

プロフィール

プロフィール

最後になりましたがプロフィールをまとめて紹介します。

名前:加藤健一(かとうけんいち)

ニックネーム:けんぼー

生年月日:1980年 誕生日は不明 今現在の年齡は36歳

出身地:山形県南陽市

出身高校:山形県立長井工業高等学校

出身大学:大学へは進学されていません

好きな言葉:絆 一期一会

現在はGratitude(グラッティテュード)の代表であると同時に山形バリアフリー観光ツアーセンターの代表理事を務められている。

TwitterとFacebookがあります。

【スポンサード リンク】

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
Translate »