ホセムヒカ(ウルグアイ元大統領)の経歴と名言は?プロフィールも紹介!

シェアする

本日の人気記事
この記事の所要時間: 457

貧しい

ホセムヒカさんは、南米のウルグアイの元大統領。正確には前大統領。

2016年4月5日に初来日するってことがニュースになってます。

名言やスピーチ、本が有名です。

なんでこれほど話題になっているかというと、世界で一番貧しい元大統領だからです。

この貧しさの理由は、国民と同レベルの生活水準にするために、給料のほとんどを寄付していたからです。

また、大統領公邸には住まず、質素な家で暮らしました。家っていうのは自分の農場です。

管理人はこういう人にすごく興味があります。同じような人がたくさんいるはず。

というわけで、ホセムヒカさんの経歴や名言、スピーチ、本、妻、プロフィールをまとめてしました。

ホセムヒカの経歴について

ウルグアイのモンテビデオ

ホセムヒカさんの祖先は、ヨーロッパのバスク地方の出身です。

ウルグアイに移ったのは1840年。

ホセムヒカさんは1935年にウルグアイの首都モンテビデオで生まれました。家は貧困家庭でした。

そのため、家畜の世話や花を売ったりして家計を支えていました。

1960年代に入ってから、10代からですが、ゲリラ活動に従事し、そんな中で銃弾を受けたり、4度も逮捕されています。ただし、2度は脱獄しています。

特に、1972年の逮捕では、13年くらい収監され、軍事政権側の人質として扱われていました

出所後は、ゲリラ活動時代の仲間と左派の政治団体を結成し、1995年の下院議員選挙で初当選しました。

2005年には農牧水産相として初入閣を果たします。

そして、2009年度のウルグアイ大統領選で勝利し、大統領になりました。第41代目の大統領です。

【スポンサード リンク】



名言とは?

名言

ホセムヒカさんは、名言、言葉、スピーチ、発言などでも有名です。

いろんな名言などがありますが、どれもこころの奥底まで響いてくるものばかりです。

リオ会議でのスピーチなどは衝撃的でした。

このように、言葉や発言がいつも注目されています。

すごく賞賛される発言ばかりではありません。問題になった発言もあるんです。

それは、2013年にアルゼンチンのクリスティーナ・フェルナンデス・デ・キルチネル大統領に対してのもの。

あまりにも褒め称えるようなことばかり聞くものだから、こんなこともあるんだと紹介してみました。

人間だから仕方ないことですね。

でも、こんなことでホセムヒカさんの評価が落ちることはありません。

今後も評価され続けると思います。

名言やスピーチなどをここでは一つ一つ紹介はしませんでしたが、理由は多すぎるからです。(笑)

それらを知りたいなら、まとめてあるサイトがたくさんあるので、そちらを参考にしてくださいね。

【スポンサード リンク】



プロフィールを紹介!

プロフィール

ホセムヒカさんのプロフィールを今現在わかっている範囲でまとめてみました。

名前:ホセ・アルベルト・ムヒカ・コルダノ( José Alberto Mujica Cordano)

愛称:エル・ペペ

生年月日:1935年5月20日 現在の年齢は80歳

出身地:モンテビデオ(ウルグアイの首都)

大統領任期:2010年3月1日~2015年3月1日

愛読書:「ドン・キホーテ」

趣味:花の栽培

世界一の貧乏元大統領ってことで話題になってますが、気になるのがホセムヒカさんの総資産です。

wikiによると、フォルクスワーゲン・タイプ1(ビートル)、トラクター、農地、自宅だそうです。

フォルクスワーゲン・ビートル

フォルクスワーゲン・ビートルは1987年型。自分で運転されています。

その他には、記事冒頭にも書きましたが、給料のほぼ全部を財団に寄付しています。

月に1000ドルくらいで生活しています。今の日本円に換算すると、だいたい10万円くらいです。

妻はルシア・トポランスキーさん。元ツパマロス(Tupamaros、トゥパマロス)です。ウルグアイの上院議員です。

ツパマロスというのは、ウルグアイの極左武装組織です。

ホセムヒカさんも同じ組織に所属していました。

ゲリラから国会議員になったのは、ホセムヒカさんが初めてで、しかも大統領にまでなりました。

本についても紹介します。

「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」

【楽天】
この本は、2012年に開催されたリオデジャネイロでの国際環境会議でムヒカさんがおこなった伝説のスピーチを絵本化したものです。

その他にも、「世界でいちばん貧しい大統領からきみへ」や「悪役 世界でいちばん貧しい大統領の本音」があります。

これらの本はかなり売れています。

特に、「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」はすでに20万部を突破しています。

余談になりますが、アメリカとキューバの歴史的な国交回復が実現しましたよね?

実はこの時に裏で暗躍していたのが、ホセムヒカさんだそうです。

書き忘れてましたが、ホセムヒカさんの生涯が映画化されるそうです。

監督は、巨匠とか鬼才とも言われるユーゴスラビア出身のエミール・クストリッツアさん。

初来日しますが、日本でもいろんな名言が出てきそうで楽しみです!

【スポンサード リンク】



Translate »