甘酒ダイエットの効果と方法と作り方!豆乳を使った断食法も解説!

シェアする

本日の人気記事
この記事の所要時間: 758

甘酒

甘酒おいしいですね~。

管理人は冬になるとしょっちゅう甘酒を飲みます。すごく好きなんです。飲んでると、なんかホッとした気分になれるんですよね~。

冬のイメージがあるんですが、実は夏の飲み物なんです。

夏に向けてダイエットをはじめようかな、と思っている人も多いと思います。

そんな人におすすめなのが甘酒ダイエット。

甘酒にダイエット効果?

実際に効果があったという口コミが多いんです。

そこで今回は甘酒を使ったダイエットの効果と方法、作り方、豆乳を使った断食(ファスティング)についても紹介します。

甘酒の効果とは?

甘酒の効果

甘酒は「飲む点滴」と呼ばれるほど、栄養学的にみてすぐれた飲み物なんです。

ダイエットだけではなく幅広い効果があります。

代表的な効果についていくつか紹介します。これらの相乗効果がダイエットに適しているといえます。

栄養が豊富!

358026

上に書いたように甘酒は「飲む点滴」と言われるほどに栄養がたっぷり含まれています。

いくら栄養豊富でもまずかったら悲惨です。

その点、甘酒は甘くて美味しくて普段の飲み物としても何の問題もありません。冬の寒い日の甘酒って飲むだけで体はあたたまるし、心もホッとした気分にさせてくれます。

気分転換に飲むのもおすすめです。

便秘の改善・解消効果

便秘

甘酒の原料はお米です。

ということは、食物繊維が豊富なんです。また、水分補給にもなります。

腸活なんて言葉がありますが、整腸作用に効果があるんです。

オリゴ糖もふくまれているので、さらに効果がありそうです。

それが便秘の改善や解消に効果を発揮します。

美肌(美容)効果

美肌

麹や日本酒、酒粕など米を原料とした化粧品ってありますよね?

米のとぎ汁なんかも使われてます。

美肌、美容などのスキンケアにも米が使われるくらいなんですね。

体に外からのケアも大事ですけど、内部からのケアはもっと大事。

甘酒を飲むことによって以上のような効果が期待できます。

脳にも良くて頭もすっきり!

bf812fc4fcca611b18cf499c9d95d300_s

甘酒はあまいです。当たり前なんですが、これはブドウ糖によるものです。このブドウ糖は脳の栄養源の1つです。

朝に脳の栄養であるブドウ糖をしっかり摂取することで、頭をすっきりさせることができます。

これって仕事でも勉強でも大事なことです。

朝からボーッとしてたら1日が台無し!って気分になりますよね。

これを解消してくれるのが甘酒です。

免疫力のアップ

免疫力

免疫力は風邪やインフルエンザなどの病気だけでなく、健康にとって最重要と言ってもいいくらいです。

腸は最大の免疫器官なんて言われてますよね。善玉菌とか悪玉菌がよく話題になりますね。

甘酒は発酵食品です。こういう食品からはしっかりと酵素が摂取できます。酵素の重要性も最近はよく話題になります。

活性酸素の抑制効果や悪玉コレステロールの吸収を妨げたりとかの効果があるので、免疫力のアップに貢献してくれます。

便秘の改善・解消などの相乗効果によってさらに免疫力が上昇することも期待できます。

以上が甘酒の効果です。もちろん上で紹介した以外にもたくさんの効果があります。

この甘酒を使ったダイエットの方法について次に紹介します。

【スポンサード リンク】

甘酒ダイエットの方法

42b3ffd43f1fc60cbb7f3bac1ab93fa7_s

甘酒さえあれば、ダイエットする方法はすごく簡単です。

朝食を甘酒にする

いままで食べてた朝食を甘酒に置き換えます。これが1番効果的ですが、お腹が減りすぎてきつい人は夕食を置き換えてもOKです。

慣れてきたら朝を甘酒にするといいです。

最初は特に無理は禁物です。

朝食抜きの1日2食って感じですね。

間食や夜食に甘酒

ダイエットするならできれば間食や夜食はしないがいいに決まってます。

でも、どうしても我慢出来ない時ってあります。これが現実です。ケーキなどのスイーツをつい食べてしまって、さらに止まらなくなり後悔したことがある人は多いと思います。

そんな時には甘酒を飲みましょう。

これらに注意してその他は普通の食事をしてOKです。

でも、せっかくダイエットするのだから、和食系や玄米菜食系みたいな野菜や魚をメインしたものにすることをおすすめします。

甘酒の飲み方

特別な方法はありません。ただおいしく味わえばいいんです。

牛乳などを混ぜて呑んだりするのもいいかもしれません。「甘酒レシピ」というキーワードで検索すれば、たくさんのアレンジの仕方が学べると思います。

これまでたっぷりと朝食を摂っていた人にはこれだけでもダイエット効果が発揮されて痩せるんじゃないかと思います。

8c883f511ef33758adf923afd62e2090_s

1日の飲む量はできればコップ一杯程度(200cc)くらいが適当です。多くても2杯でやめておきましょう。

特にダイエットが目的ならそうした方がいいです。飲み過ぎは太ってしまう原因にもなります。

ちなみに、甘酒のカロリーはごはんの約半分くらいです(100g当たりの比較)。低カロリーであるのは確かです。

この値は砂糖が加えられていない甘酒の場合です。ここのところは気をつけてくださいね。

市販の甘酒を購入する場合は必ずチェックすることをおすすめします。できれば砂糖なしのものがいいです。

もう一つ注意点があります。

甘酒を食事の直前に一気に呑んだりすると、血糖値が急上昇してしまいます。そのため、食事後に脂肪がつきやすくなったりもしますので要注意です。

甘酒ダイエットで1つだけ理解しておくべき点があります。

それは即効性がないってことです。効果は徐々にゆるやかに現れてきます。

もちろん、甘酒しか飲まないという厳しい食生活をすればちがってきますが・・・

無理するとたいてい失敗におわりますから、効果が現れるのを夢見てのんびり継続していくのがおすすめです。

甘くておいしい甘酒を飲みながら理想の体やきれいになった肌を想像したりしてれば長続きするのではないでしょうか?

数週間後にはいつのまにか驚くほどの効果が出てるかもしれませんね。

甘酒は健康食品というか飲料だから安心して飲めます。

飲み過ぎには注意しなくちゃいけませんけどね。

【スポンサード リンク】

甘酒の作り方は簡単!

麹

市販の甘酒を購入するのが1番簡単ですが、手作りしたい人のために作り方を解説します。

自分で作った甘酒の方がてまひまかけたぶん、ダイエットのモチベーションが継続しやすいかもしれません。

ここではステンレスボトルで簡単に甘酒を作る方法を紹介します。

材料

1.ご飯(冷ご飯でもOK) 300g

2.米生麹 300gまたは甘酒麹1袋

3.水 900cc

4.ステンレスボトル(1.2L程度の用量のもの)

ご飯:麹:水=1:1:3の割合にします。

米生麹または甘酒麹は一粒一粒しっかり手でほぐします。

必要な道具

1.鍋

2.オタマ

3.温度計

作り方

1.ステンレスボトルに熱湯を入れ、あらかじめあたためておきます。

2.鍋にご飯を入れ、水を加えます。その後、60℃まで加熱します。

3.火を一旦止め、麹を入れます。

4.温度計を使い測りながら、60℃になった瞬間に火を止めます。加熱し過ぎると麹菌が死滅してしまうので注意が必要です。

5.あらかじめあたためておいたステンレスボトルに入れます。

6.入れたものの温度が60~63℃になっているか温度を必ず測ります。低い場合は再加熱します。高すぎる場合は鍋に戻して温度を下げます。

7.ステンレスボトルの蓋を閉め、温度が低下しないように温かいところで10~12時間発酵させます。

8.完成したら、冷ましてからビンなどに移し替えます。保存は必ず冷蔵庫にいれてください。1週間くらいで飲み切ります。

炊飯器やヨーグルトメーカーで作る方法もあります。ヨーグルトメーカーの場合は麹菌を殺してしまう心配がないのでおすすめでもあります。最初の加熱の手間もいりません。

自分でやりやすい方法で甘酒を作ってくださいね。

甘酒+豆乳を使った断食(ファスティング)のやり方

豆乳

成分無調整豆乳300ml+甘酒100ml+プロテインを混ぜたドリンクを1日3食3日間飲むという断食(ファスティング)をおこなってダイエットする方法です。

この方法では筋肉は落ちずに脂肪だけ落ちます。もちろん個人差はありますが。

腹持ちもいいです。

今回のおすすめというわけではありませんが、紹介させてもらいました。

甘酒ダイエットをおこなった芸能人

DSC09757

甘酒ダイエットでやせた芸能人には女優の永作博美さんやモデルの道端アンジェリカさんがいます。

お二人の若々しさや美しさの秘密は実は甘酒にあるのかもしれませんね。

甘酒ダイエットの口コミはどう?

口コミ

甘酒ダイエットの口コミをいろいろみてみましたが、なかなか好評のようです。

結構お腹がふくれるからいいとか、今までで一番楽なダイエットなどの意見もあります。

甘くておいしいところも人気の秘密ではないかと思います。

【スポンサード リンク】

Translate »